単純近視とは


遺伝・環境により発生する近視です。大半の近視は単純近視に分類されます。
小学校高学年くらいから始まる事が多く「学校近視」とも呼ばれます。

偽近視とは

偽近視とは、眼の疲労により一時的に近視のような状態になることです。仮性近視、調節緊張性近視とも呼ばれます。近視に含めない考えで単に調節緊張と呼ぶ者もいます。

テレビやパーソナルコンピュータ等で目を酷使した後は強くなり、目を休めたり遠くを見ると弱くなります。目薬等を使って調整をしないかぎり完全に無くなることはないです。視力に問題が無い者を含めて万人が持っているものです。

軸性近視とは

軸性近視とは、眼球が通常より前後に長いため、水晶体と網膜との距離が長過ぎ、網膜よりも前方に像を結んでしまうものです。 遺伝性の近視は大半が軸性に分類され、補正を必要とします。 眼球が通常より引き伸ばされているため、網膜が薄くなっています。

屈折性近視とは

屈折性近視とは、角膜および水晶体の曲率が強くて焦点が短過ぎ、網膜より前方に焦点を結んでしまうものです。

近視とは

近視とは、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん)ともいいます。

遠方視の場合に、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきり見ることができません。 逆に近方視の場合は支障は少ないです。近視は屈折の問題であり網膜や視神経の疾患ではないので原則的に矯正視力が低下するものではありません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。