エピレーシックカテゴリの記事一覧

エピレーシックとは

エピレーシック (EPI-LASIK) とは、角膜上皮のみをエピケラトームと呼ばれる新しい器機によって安全に剥離して、とても薄い蓋(フラップ)を作成し、エキシマレーザーを照射し、近視、遠視、乱視を矯正するレーシックの術式の一つです。フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮に張りかわります。そのため、通常のレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはないです。またエピレーシックは、ボーマン膜を除去してしまう手術でもあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。