レーシック

レーシックって目にレーザーを当てて治療するわけです。考えただけで痛そうですね。そこでいろいろ調べてみたら近眼レーザー治療について詳細に解説しているサイトがありました。

こちら→近眼レーザー治療
タグ:レーシック

レーシックがおススメな理由

レーシックがおすすめな理由!

・手術は日帰りで20分程度で終わります。痛みもほとんどありません!
・失明する危険性はなく安全!(失明の報告例なし)
・長期的にみてコンタクトレンズよりも経済的です!
・生命保険、医療保険で手術給付金が受けられるのです!
・近視、遠視、乱視にも治療できます!
・90%以上の方が1.0以上に視力回復しています!
・めがねやコンタクトレンズの煩わしさから解放されます!

角膜の組織学的構造


角膜は、体表側から順に、以下の5つの層からできています。角膜が透明なのは、これらの層の結合組織(主にコラーゲン)が規則正しく配列しているからです。

角膜上皮 一番外側(体表側)にある層で、重層扁平上皮からなる。再生可能。
ボーマン膜 (外境界膜)
固有層
デスメ膜 (内境界膜)
角膜内皮 一番内側(網膜側)にある層で、単層立方上皮からなる。再生力に乏しい。
角膜には血管が侵入せず、酸素や栄養分は涙や前眼房水から供給される。コンタクトレンズの酸素透過性が重要視されるのはこのためです。

角膜には、三叉神経の眼神経が分布しており、刺激を与えると目を閉じる瞬目反射が起こります。この反射は両側性で、片目だけ刺激しても両方の目を閉じてしまう。瞬目反射は、中枢神経系の働きを調べる点で、臨床的に重要です。

エキシマレーザーとは

エキシマレーザーとは希ガスやハロゲンなどの混合ガスを用いてレーザー光を発生させる装置である。元々は工業用として利用されていたが、最近ではレーシックなどの視力矯正手術においても利用されている。

希ガスはアルゴン、クリプトン、キセノンが、ハロゲンはフッ素、塩素が一般に使用される。混合ガス中でのパルス放電によって生成する励起状態希ガス原子とハロゲン原子によって形成されるエキシマからの放射光によって発振する。

エキシマレーザー光は波長が短いため、角膜の一部分を必要なだけ正確に除去することが可能である。レーザーといっても、熱を発するものではなく、衝撃波がないため、熱に弱い角膜組織に悪影響を与えることがない。したがってエキシマレーザーを使ったレーシック手術は痛みをほとんど伴わず、視力回復が早いという特徴がある。アメリカでは、1995年FDA(米国食品医薬品局)によって、日本では2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)によってその使用が認可されている。また、エキシマレーザーに発がん性のないことが確認されている。

スポーツ選手のレーシック

プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手がレーシックを受け成績が向上したのを皮切りに、多くの視力に悩むスポーツ選手がレーシックを受けました。乾燥したドームでの試合が多くなった野球選手が最近多くレーシックを受けています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。