不正乱視とは

不正乱視とは、どこにも焦点が結ばれない乱視のことです。 角膜の異常により発生する事が多いようです。 不正乱視がまったく無い人もほとんど居ないが、矯正無しあるいは近視・遠視・正乱視のみの矯正で1.0以上の視力が出れば通常問題にしません。

ハードコンタクトレンズにより矯正可能ですが、 コンタクトレンズが使用できない場合、矯正の効果が低い場合は外科手術を要します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。